2日目
またまたカリフォルニアと銘打ってますがネバダ、アリゾナそして「ユタ」です。

今日からアメリカ大陸グランドサークル(の一部)を回ります。

2:40起床。。。深夜の起床です。ほとんど仮眠程度。
一泊分の荷物をたがえて出発です。

車もあるので自分で各所回ってみようかと画策していましたが、
あまりにも長い距離なのでツアーで回ってもらうことにしました。

さて、ツアーと言ってもハイエースで回るもんだと勝手に思ってたら、、、
なんと結構な人数がいる。ハイエースと思っていたらバスで
結構なしっかりとしたツアーっぷりに面食らいながらも??いい意味で安心感?
いっさいの不安は消え去り安心しきって出発です。

途中のガソリンスタンドでトイレ休憩~今日宿泊するホテルの区域は宗教上酒類が販売してないよ!
ってことでビアを買っておく。

アメリカの方はこんな色のドーナツを早朝から食べるのでしょうか??って思ったそばから若い女の子が買って行きました。。

寄り道にルート66のセリグマン。
ちょうど昨日立ち寄っているところから近い(くはないけど・・・)ので、
到着するもまぁあんまりピンとくる感じではなく、ビール飲めねぇかなぁ〜って思うけどまだ朝8時過ぎ!ルート66への思いを馳せます。。。(まったく思い入れないけど)
 

ルート66に再び脚光を当てるきっかけとなった人が経営する理髪店。90過ぎてもなおお店にたまに立つそうです!

で、さらっと書いてますが、かなりの移動距離を経て
いよいよグランドキャニオン到着!(うろ覚えですがたしかMartha Pointなる場所)

グランドキャニオン、、壮観な景色に感動しつつ、他の見どころポイントへもバスで移動
そしてそこで昼食を。ビア売ってたので購入。でもビア飲んでると店内で食事できないらしく外で。
天気はすこぶるいいけど風が冷たく、ほとんど真冬の装いなんですが、凍えながら(本当に寒いのです。。。)食事。。。

おそらく標高が高く富士山の五合目程度と言っていたような・・・
世界遺産_(なのかどうかも不明ですが)を前にしてもビア飲んで酩酊するという体たらく。。。

その後またポイントを移して(ポイント名はもはや失念。多分ナバホポイント?)お土産購入
そしてバーがあったので!軽くビアを。

そしていよいよモニュメントバレーなるところに到着。

ホテルの部屋からの景色

ここでホテルにチェックイン。このホテルがまぁ~素晴らしく!
こんな枯れた土地にあるとは思えないほど充実設備!コーヒーも美味しいしホテルの部屋も最高!
とは言え、、、全10泊した今回の旅行のホテルの中で一番高価なホテルですが・・・

部屋からモニュメントバレー全景が見え、朝日もここから鑑賞できるらしい。

ホテルに荷物を降ろして身軽になったらモニュメントバレーの現地ツアーに参加です。
ボロいバンに乗り込み出発。
まぁ・・・大自然の中を走るわけで、鬼のように揺れます。揺れるというか跳ねます。
タイヤって意外と丈夫なんだなぁ〜と変に感心してしまいました。
各所見どころ回ってもらい観光を。しかし寒〜い!!!

世界有数の素晴らしい景観を目の前にして、寒さに負けてさっさとホテルに戻りたい気持ち。笑

夕日の瞬間を眺めホテルに戻ります。

夕食はホテルのレストランで。またまたこんな辺鄙なところにあるのに意外と豪華なメニューのラインナップ!
(くどいようですが安くないけど・・・)
しかし!このホテル(この地域)酒類の販売が禁止されているらしくビアが飲めない!!

なので早々に終了し部屋に戻って持ち込んだビアタイム・・・幸せです。

ものすごく高価なホテルに宿泊しつつ・・・随分早い時間から眠りについてしまったようです。。 

3日目

5:40起床!
朝日の見所の時間は5:00と聞いていたのに
ホテルの寝心地が最高で・・・すっかり寝坊。

朝日間に合わない??って思うも充分ぎりぎりセーフ(変な日本語ですいません)
部屋で朝日鑑賞しつつ部屋のコーヒーをいただく(スターバックスなのですよ。)

本日の最初の目的地はアンテロープキャニオンのロウワーズ。

まったく予備知識ないまま10人程度の編隊組んでロウワーズ専属のガイドと同行。

なかなか探検チックなムードで地下に?入っていきます。
はるか上流で降った雨の鉄砲水が削って出来た地面?壁?です。貧相な説明ですみません。

 ガイドと談笑していると、私が英語できると勘違いしたのか(私は分かる振りが得意なのです)

「お前、各所の説明をするから皆に訳して伝えるんだ」と大役を命ぜられます。

素晴らしい景色に感動しつつ、カメラの設定などアドバイスもらって進む。

まぁ素晴らしいところで写真とりまくるんですが、まぁどれも同じ写真に見えるような・・・あはは
でも各所の見所はライオンに見える場所あったり?何かに見える箇所あったりいろいろ説明してくれました。
しかもいいポイントで写真撮影してくれたりサービス満点のガイドさんでした。

今年日本の京都と東京に遊びに行くんだ!と意気揚々と話していました。新潟にも来てね!って言ったけど「ニイガタ??何処それ?」っていう感じでしたが・・・

ロウワーズのツアー終わって、私も通訳の一仕事を終えてホッとしていると
私の編隊の中の方が、ガイドと雑談しているよう(使える英会話?を日本人の英会話の中から学ぶ違和感!)
どーやら(間違いなく私以上に)理解できる方がいらしたようです。ぎゃふん!はずかしー!

ロウワーズ見た後はアッパーズへ。
ここは入り口までかなり遠くバギーで移動。こちらは現地ナバホ族のガイドがつきます。
アッパーズの途中で陽が入り込む瞬間があったりでいい時間帯だった模様。
なんだかすごい説明が雑になってますが、まぁ同じ景色がずっと続いて飽きるんですな。あはは

アンテロープキャニオンを後にして、ホースシューベンドへ。

多分この近辺でユタ州に入り時差が1時間発生した気がします。地上移動で時差発生です。アメリカってデカイですねー

このホーシュシューベンドは、目玉でない感じでしたが個人的にはまぁ絶景でいい感じ!

誰でも自由に見れて、断崖絶壁ですが手すりなどの柵もなし。それがまた景観を壊さず素晴らしい
いろいろ写真撮影しました。が?上手く伝わりませんねー。

その後一路ラスベガスへ戻ります。またすごい距離を一気に移動します。

まぁ運転は私ではないので昼食でビアをいただき、道中ウトウトしながら進むだけですが・・・

ツアーの全体的?なガイドをしてくれた女史(久我さんというサンディエゴの大学卒業された賢い日本人女性です)が大変博学かつ知識人で、色々とラスベガスの話を聞けました。

ツアーはラスベガスに到着とともに終了ですが、非常に仲良くしてくれた母と娘で旅している上品なお二人との別れが後ろ髪引かれる思いでした。

さて、時刻はすでに20:00ちかく
今日は当初の目的の「バフェで食べる」を敢行すべくパリスホテルへ向かいます。
どーでもいいですがラスベガスのホテルはパリありニューヨークありカリフォルニアあり(今度はアジアをテーマにしたホテルもできるそうです。)節操がありません。

しかし?パリスホテルの2Fに「BEER GARDEN」なるお店発見、、、
吸い寄せられるように中へ・・・

その「BEER GARDEN」はロケーションもスタッフの感じも最高でビールも地元のクラフト系も取り揃えており、素晴らしいお店でした。たくさん飲んで料理もそこそこ美味しく、当初の目的のバフェで食事はできませんでしたが満足です。 

モーテル戻り酒屋でビア買って氷も買って

今日も洗面器でビール冷やして二次会ビアタイム。 

モーテルで、とりあえず旅の疲れをシャワーで流し就寝。

夜中にゴキブリ出たりしたけど、、もう気にはならない。。笑!
今日も無事に終われたことに感謝です!

明日も大移動!いよいよ旅の本番??サンディエゴへ向かいます!