staff

2017 CALIFORNIA SURF TRIP REPORT DAY 7:San Diego編

2017/06/05(Mon) jigsaw

7日目

寝坊。。。出遅れ気味な朝一
一応、Beacons見てからPipesチェック
かなり小さいけど(がっかり・・・)ローカルみんな入るみたい。
昨日居たローカルに挨拶されたので
それに背中を押されるようにパイプスに入水

膝腰の小ぶりな波ながらそれなりできる波もあったり、そこそこなセットも来たりしていた。

イルカが二匹、本当にすぐ近く(自分とローカルサーファーの間を縫うように)を周遊!
サメのニュースあったし、背びれと時折見えるその不気味な巨体がめちゃめちゃ怖いんだけど??
ローカルは微動だにせず。笑(だからサメに襲われるんじゃないかと思うほど)
そしてアザラシが水中をミサイルのように移動してるのです。。。
大自然!だけど・・・ちょっと不気味

波は小さいながらもセット波にもありつけ
今日はSwami’s Cafeで朝食の予定なのでローカルと一緒に7:00終了(波も小さいし)

サーフ後、ホテル戻ってウエット干して(この日差しですがフル装備!)からスワミーズカフェで遅めの朝食

多分メニューボードもお店の細部に至るまで初めて来た時(2010年)から1ミリも変わっていません。(変わってました。。。写真参照ください。余談ですがなんと同じカメラで撮影しております)


 

こっそり自分のアイコン的なサーフマンシールを入り口に貼る!

オーダー終わると「アリガトウゴザイマシタ」と言われる。
お?日本人だと分かったのか?良く「ニーハオ」って声はかけられるんだけど。

そしてテラスでコーヒー飲んで待ってると自分の名前呼びながら頼んだ朝食を持ってきてくれます。
ボリュームすごいですが、、、全部食べてしまいました!うっぷ・・・ 

その後エンシニータスのダウンタウン〜Leucadiaでお土産物色。色々発見がありました!
自宅で使う日用品もこっちのホームセンターで買っちゃうほうが安いし思い出になります。
荷物にはなりますが・・・

いつも気になってたUNIVに行ってみる。
そしたらとても日本でウケそうなラインナップの洋服屋で(もっと早く行っとくべき店だった!)
奮発してお土産や自分のシャツも買ってみる。

その後Surfy Surfyでお土産にTシャツ数枚買ったら、日本のサーファーに自分のショップのTシャツが着てもらえる事を非常に感激していた。
日本でSurfy Surfyは有名だよ!(まぁ少なくとも私の周りでは・・・)って言ったらステッカーどっさりくれた。

朝食食べ過ぎたので昼飯抜き。

昼過ぎにホテルに戻り、誰〜もいないホテルのプールでビア飲みながら読書(石丸元章氏の本)
うとうとしながら過ごして、、、
お土産の荷物の整理を行う。

夕方、風が止んでる???(ホテルのアメリカ国旗とカリフォルニア州旗がはためいていない)のでムーンライトビーチ見てみると、、あれ??結構イイ波
なんかサイズもそこそこある!

Swamisの駐車場、パイプス周辺の道路は車でいっぱい!
なので諦め気分でBeacons見てみたら、、、断然!こっちの方がイイ波!
しかも3人だけしか入ってない!
なんでひょっとして入っていけない状況なのかなと思いつつ、、、恐る恐るパドルアウト

オフショア面ツルとはいかないまでも充分面はきれい。
サイズはコンスタントにセットきてゆうに胸肩サイズ、たまにもっと!スーパーFUN WAVEです!

しかも入ってたサーファー3人はメチャクチャうまいけど、全くガツガツしてなくて
充分すぎるほど波は回ってきた!
自分史上最高レベルのライドもできて、思わず声が出る!そしたらアウトのサーファーが
「オメーイイ波乗ったべ!」と声をかけてくれる!
ついつい「いやいや・・・」と謙遜してしまいますが、この謙遜グセ!アメリカではほんとーにデメリットになります!気をつけないと
アメリカでは多少どころかだいぶ「図々しく」いかないと本当に何にも始まりません!

いよいよ日も傾き、ちょっと寒くなってきたタイミング(水が冷たいのですよ!ホントに)で3人のサーファーにあわせて上がる。
駐車場で軽く雑談。割と日本について話したい?ムードで好感触。いい経験でした。
知ってるローカルサーファー(2名しかいないけど)の名前出すけどピンときてなく、、、
facebook交換しようぜ!って言われたけど、慌ててきたのでWi-Fi不携帯!イタタタタ・・・
(名前聞くも、すぐ調べればよかったのに旅から帰ってきてから調べた愚行で僕のバカな頭はすっかり忘れてしまっていました。。いつかの滞在時も同じような失敗を・・・)

暗くなってきた。。。急いで着替えホテルへ戻る
そして今日がサンディエゴ エンシニータス最後の夜なのでダウンタウンに繰り出す。

妙に人気のあった美容室

入り口に雑貨・アクセサリーが置いてあり、気軽に入れる雰囲気で、奥にセット面があります。
時間も遅い時間だったのですが、賑わってました。

Encinitas FISH SHOPへ(昼間にエンシニータスの情報誌眺めてたらこのお店の記載があって気になってたのです。割と新し目のお店です。以前は多分カフェ)
ここのオーダーが1.魚を選んで2.調理方法選んで3.最終的な仕上がりを指定、っていうスタイル。

それがうまくはまったのか?もう過去最高級(初めてのお店だけど)に美味しい!(サーモンのレモンバター焼き)

別で頼んだクラムチャウダーとかも本当にうまい!最高!

店の雰囲気も最高だし、ウイークディにもかかわらず近所の方々で満席!
もちろん日本人もおりません。。
この環境の中、自分もローカルになりきりビールを飲んで楽しみます。

ビールの売り子担当の男性も最初「オイオイ、英語イマイチ話せない変なヤツが来たよ・・・」って思われてたと思いますが、私のしつこいビールのお代わりに妙にウケてました。

アメリカ(人)ってすごく自由だけど他人の自由もすごく認めてくれる。
僕が東洋人だからといって、特別視することもなければ、分かりやすく話してもくれません。
でもそれが心地いいのです。なんだか認められているようで。
こんな気持ちになりにSDへきているのかもしれません。

ビールもそれなりに飲んで、ローカルのご婦人と雑談(わかったふりして聞いてるだけですが)して(この旅は大変ご婦人方と話す機会の多いチャンスに恵まれました。僕がイイ男だからでしょうか?笑!)大満足。(帰り際にご婦人は我々にビールをご馳走してくれました。感謝!)
なんかアメリカ人って誰でも話しかける印象が。。。

本当はこのあとバー(SALOON101)に行くつもりだったのですが、酔って忘れて
千鳥足でホテルに戻って爆睡!

エンシニータス最後の夜は感傷に浸ることなく更けていくのでした・・・ぁぁぁ・・・

day8へ

 

2017 CALIFORNIA SURF TRIP REPORT DAY 6:San Diego編

2017/05/31(Wed) jigsaw

6日目

旅も6日目にしていよいよ今日からサーフィンできます。
こんなに間空けるのは、、地元でもあまりないかもしれません。
なので張り切って朝一、まだ暗いうちから波チェック。
ラジオはTHE WAVE94.7Mhz(AORやブラコンのみ流れる局)にチューニング!
もうSoCalでの車中はこのFM局だけで充分かもしれません。

Pipes見てると初老の重鎮(っぽい)ローカルが「波どぉ〜?」と話しかけてきた。ので?
流れに身を任せ、、波は腰くらいで小さいけど5:30過ぎパイプス入水。
この時期のサンディエゴ、日は長い(陽の入りは19:30過ぎ。20時過ぎても明るいです)けど日の出は割と遅め。薄暗い中、
ローカルに続いて入水です。
ブーツ履いてるローカルも居て、水温低いのか!とビビるも、自分のウエットの性能を信じて入水。
最初のみ冷たさを感じますが、すぐに慣れ、かじかむほどではありません。

波は小さいと思ってたけど、たまのセットはサイズ感じれる波もあったりで悪くないコンディション。なんといってもオイリーな面ツル!それだけで充分です
肝心のニューボードの感じも良さそう!何と言ってもテイクオフがかなり「するする」と早い段階から滑り始める!

私の課題!どうしても波側のレール入れっぱなしで横っ走りしちゃうんだけど
しっかりレールの入れ替えで加速+大きなラインのターン!を意識できる波
何本か?しっかりターン成功できたものも?
これは波がいいのか?板がいいのか?今の所わからないけど板はすでにもう乗り馴れたようなフィーリング!
すったもんだあったけど、これにして良かった!
(結論:波がいいだけでした。※新潟に帰ってきてからのジャッジ)

セットのいい波にローカルが調子良く乗っていく。
「いい波だったべ」って声をかけると「まだ1本目だけどな、波いいべ、お前も乗れよ」と
(アメリカの田舎感を表すためにわざと訛って表現してみました)
英語苦手でもサーファー同士だとなぜか?陸よりコミュニケーションがイージーです。

こんな遠く離れた海で、いきなり楽しくサーフィンさせてくれるこの場所(ローカル)に感激
ヘラヘラしているちっこい怪しいおっさんアジア人に(そして英語しゃべれないのに)まるでずっと前からの知り合いのように接してくれ本当に感謝!

みんなメローでどちらかというと技術向上!っていうよりはまったりサーフィン楽しむスタイル。
ひたすら横っ走りですが、1本1本の波を大切に乗っているジェントルサーファーたち!

パイプスの海からの風景が本当に懐かしいというか
ここでサーフィンできる自分の環境に感謝の念が絶えないラウンド!
SDの海に戻ってこれました!ありがとうございます。

7:00も回るとローカルは仕事なのか?すっかり上がっていきます。
すっかり人気(ひとけ)のなくなったラインナップ(4〜5人程度しないないのです!贅沢!)でセットもしっかり回してくれて、かなり思い通りのラインでサーフィンできました。
結構練習になったかも?えへへ 気分最高です。

ただ、その後?潮が合わないのか?風はまだ合っているんですが波は一気にイマイチに・・・
なのでかなり乗れたし後ろ髪を引かれることもないので いいイメージのまま終了。

終了後の波

ローカルたちも撤収です。毎日同じメンツです。

サーフィン後、今日はサンディエゴの街中へ足を延ばすので、ホテルで簡単に朝食。
メニューはほとんど一緒だけどすこし変わるみたい。

朝食後にホテルのランドリールームで洗濯などを済ませ(乾燥機であっという間に乾きます)
サンディエゴへ。
道路混んでるのかな?と思い早めに出たつもりだったんだけど、意外に空いてて30分ほどでサンディエゴの街中へ。
SDの街はとても整頓されていてキレイ。そして都会!エンシニータス周辺とはまた違った印象


今回の旅は映画のロケ地に行くことが多く、、、
今日は意識してロケ地に向かってみようかと!その今日のメインイベントは映画TOP GUNのロケ地(Kansas City Barbecue)へ。お上り感たっぷりですが、これはこれで楽しみです。
近所に路駐して、駐車のシステムにコイン入れてダッシュボードに駐車券置いて(都会ですな)いよいよお店へ。


BAGDAD CAFEですこしがっかり(要はロケ地の利だけでやってるのはないかと)だったけど、
もちろんロケ地を売りにしてるけど意外に??お店は割と?しっかりしていて近所のオフィスワーカーも昼食を食べに来ていたりしていて地元の人にも受け入れられてる感じ。

お店のウエイトレス(なおばさん)も感じよく、写真撮ってくれたり、店内の映画の撮影箇所について説明してくれたり、いちいち感じよし。意外に食事もソコソコまとも。
(メニューにいちいちTOP GUNって付くんです。コーヒーなら「TOP GUN COFFEE」って具合に。笑)


その後、地元では割と高評価らしいFeel Itなるレコード屋を目指します。
お店はすぐ見つかるけど空いてない・・・
ウインドウに13:00からOPENって書いてあるけど時刻は既に14:00・・・ 


諦めて帰ろうかなぁって思うけど、、、ここはSD、日本から来ることを考えると、、、また出直すのは来年になりそうだし、もう一度後でトライすることにして
SDの街を散策。日本のラーメン屋さんが人気でした。なんでもラーメンがヘルシーフードなんだそうです。

あまりに暑くてCafe21で水分補給(i.e.ビアタイム)この店も素敵な店です。


そしてもう一度Feel Itレコードに行ってみる。そしたら空いてた!

早速レコードチェックする。ストックは各ジャンル取り揃えており好印象なラインナップだけど
正直なところ掘り出し物的な盤はなく、どこでも買えるけど割安な盤(新譜やRSD2017限定盤なども圧倒的にお得感あり)を数枚と安いカセットテープ数本購入。

店主は寡黙な印象ながら割と音楽知識は豊富なようで(英語かつ専門的であまり理解できなかったけど)お店は小ぶりながらこだわりのお店の感じでした。


日本から持参した自分の作成したコンピCDを店主にプレゼント。
そしたら喜んでくれて10%割引してくれた。

これが元で、、、SDでミュージシャンデビュー!なんてこと・・・ないかなぁ・・・ないですよねぇ〜

次に前も行ったレコードショップに一応立ち寄る。ストックは膨大なんだけど食指動く盤なし、面白いお店なんだけどなぁ・・・また次回!

レコードに関しては迂闊でした!
実はもっとたくさんの(そしてもっとヤバイ)レコードショップがSDのこのエリアには立ち並んでいたようなのですが、、、自分のリサーチが甘く、、、分からずじまい!
次回は全店回るくらいの気持ちです!

レコード掘ってたらすっかり時間が過ぎてしまいました。。。エンシニータスに戻ります。
帰りにまたシーサイドマーケット寄ってデリを購入。一昨日と同じようなメニューだけど
今日は暖かいので、ラナイに椅子を持ち出し夕暮れディナー!
最高の贅沢!!メモリアルな食事になりました。

わーステキ!ワカモレが美味!最高の食事でした。


ビールとスーパーの$4の激安ワインをすっかりがぶ飲みしてしまいその後寝落ち~(21:00前だったようです)

でもまた結局途中で起き出し、ちょうどテレビでやってた映画「ダイハード」を見てしまう・・・
これはヒアリングできなくてもしっかり内容わかるし楽しめますね!

今日はサーフィン出来たし、いろいろ自分の趣味のことに費やして幸せな日!
さて明日は!?

day7へ

 

2017 CALIFORNIA SURF TRIP REPORT DAY 5:San Diego編

2017/05/29(Mon) jigsaw

5日目

サーフィンできない朝。。。それなのか疲れもあったのか?はたして昨日朝方まで映画見たせいなのか?8:00起床!こんな時間まで寝たこと ここ数年ありません。

外はカリフォルニアらしく?かなりガスってる。

くそー!これは波いいんじゃないのか!?
しかし?かなりガスってて視界もかなり厳しめ。これではサーフィンも厳しいだろう(と自分に言い聞かせて・・・)
内陸方面は快晴、好天です。

今朝はホテルで朝食食べようと、、、
このエリアには魅力的な朝食が食べられるお店がたくさんあってあまりモーテルで朝食をいただくことはないのですが、今回割としっかりしたホテルなので朝食はどんなもんかと。

朝食は想像以上にバリエーションありリッチでしかもそれぞれ美味しかった!

テレビKUSI(サンディエゴのニュースチャンネル)で、サンオノフレでシャークアタックのニュースやってる!
(作り物のような女性キャスターがまんまアメリカ!なムードで以後部屋でもこのチャンネルばかり見てました)
サメ・・・怖いなぁ・・・とりあえず今回の(というかこれからも)サーフトリップでサメに出会わないことを祈ります。
こんだけSoCalに来て未だ入ったことのないtrestlesで入りたいと思っていましたが今回は諦めた方がよさそうです。

今日のタスクはサーフボード購入です。とりあえずはやっぱりミッチズ行ってこれからの滞在で着るパーカとTシャツ購入。
未だ会えてなかったロレインさんがお店にいたので!持参した我が家の米をプレゼント!
以前、米をお土産にしたらすごく喜んでいただいてそれからメール友達なのです。

その足でサーフライド寄ってケリースレータデザインのサーフボードのOmniとSCI-FIというモデルで悩むもSCI-FIの5'8"(27.7ℓ)買う!(私にとってはオーバーフロート気味ですが、これ以上小さい在庫がなかったのです)

ローカルシェイパーの板でないからか、フィンはサービスではなかった・・・なので高級フィンを買ってみる。(と帰ってきたら同じフィン持ってた・・・john john florenceのシグネチャー)
その代わりワックスをすごくたくさんもらった。。

結局サーフボード1本900ドル弱になってしまったけど、スタッフがすべてセッティングしてくれた。
そして!!すごいハイライトが!
サーフィンの神様ケリースレーターが店内に居て。。私の買った板の説明をしてくれたのだ!!!
でも完全に舞い上がってしまい・・・正直何言ってるかわかりませんでしたし、写真すら撮るの忘れて・・・
店出て慌てて追いかけた写真がこちらです。笑!

気を取り直し・・・
ソラナビーチCedros Avenue Design Districtで買い物
Timeculaのオリーブオイル、、、昨日買ってこいって話ですが・・・Soloで最近日本でも人気?なOrange&Parkのポスターやお土産の購入)
余談ですが、このTimecula olive oil companyのオリーブオイル、本当に美味しくて、もちろんノーマルのオリーブオイルもいいのですが、特にいろんなフレーバーがブレンドされたJust Dip Itが最高なのです。

その後一路カールスバッドへ北上し
後にLAで高級レストランに行くかもしれないので襟付きのシャツを購入しにアウトレット行く

アウトレットは色々欲しいものあったんだけど、、、結局何も買わずに
(アウトレットはかなり広大で、自分で駐車した場所を見失ってしまい、、かなり焦ったトラブルがありました)
同じカールスバッドの小ぶりなショッピングモール「Forum」へ。

結果としてアウトレットで買えばよかったなぁと。。。「Forum」は正直なところ食指動くものなく、モールのコーヒーショップでコーヒー飲んでまったりタイムしただけ。
(昨年はセール期間で相当お買得なものがたくさんあったのですが)
かといってまたアウトレットに戻るほどでもなく・・・

その後エンシニータスのRalphsとTorader Joe’s(なぜか各所隣接しております)行って食材の買い出し

ラルフスでバドワーザー30本セットが23ドル!これならtax入れても間違いなく1本1ドル切ってる!迷わず購入!
なぜかSoCalではバドワイザーが美味しく感じられます。乾燥しているから?でしょうか??
ホテルに戻ってビアをギッチギチに冷蔵庫に格納して(驚いたことに全部入っちゃった)

夕方サーフィンしたかったけど、風しっかり入ってイマイチなのでサーフィンはもうきっぱり諦めた!
 

そしてまた今日も夕日タイムしにムーンライトビーチまで散歩・・・

こんなところに住みたいなぁ・・・豪邸ばかり。
いつかリタイアしたら、、、ここに住みたいなぁと思ったこともありましたが、そのお家のお値段が夢を粉々に打ち砕くような値段でしたが。。

まぁ新潟の私の住まいも海からすぐ!(今回泊まったホテルよりも近いのです)
天気の良い休日にはビア持って夕日タイムできる最高の環境であることを
ここサンディエゴに来て感じるという??矛盾?感

ムーンライトビーチの夕日見てチルタイム。。。やっぱりいいところだなー!

そのままダウンタウンまで歩いて、昨年も立ち寄ったビアガーデン行って夕食

BIER GARDENは変わってなく、、激混み!人気店!
今回もメニューのチョイスもよく!大変美味しく充実した夕食だった!
これはまだまだお店は流行りっぱなしだな。

徒歩だし、ホテルは割とすぐなので、しっかりビール飲みすぎ!

残念なことに隣のWHOLE FOODSは閉店してしまっていた。人気あったのにどうしてなんだろう・・・

ホテルで気持ち良く就寝。ノーサーフだったけどいい1日でした。

でも今日も途中で起きてしまい。。。
映画「He's Just Not That into You(そんな彼なら捨てちゃえば)」鑑賞。。。
ぜーんぜんヒアリングできないからイマイチ内容理解できず!

いよいよ明日からサーフィンスタートです!

day6へ

 

2017 CALIFORNIA SURF TRIP REPORT DAY 4:San Diego編

2017/05/22(Mon) jigsaw

4日目

夜明け前に起床しモーテルの近所ブラブラ。朝日が昇る。スカッと晴れてる!気持ちいい〜

今日も大移動!いよいよ本来の目的地であるカリフォルニア、サンディエゴへ向かいます!
途中寄り道もしますがあわよくは夕方サーフィンしちゃおうかなぁと目論んでおりますので
モーテルのサービスのコーヒーを飲みつつ(アメリカを感じる味なのです)
なんだかんだ3日いただけで愛着湧いた激安モーテルを朝も早いうちから荷物を車に積み込みチェックアウト。

 
調子よく走り始めるも、、すっかり給油忘れてて・・あわやガス欠!
急遽bakerという小さな町で給油。
まぁー田舎すぎて町がなくて結構ヒヤヒヤしました

このBakerがなんかのんびりした町で好印象。昔のアメリカ感。

給油済ませて一緒に給油していたオージーカップルの真似をして、汚れているウインドウもすっきりきれいに拭いて
(スノーブラシのブラシの方でウインドウを洗剤?で濡らして、ブレードの方でウインドウの水分と汚れを拭き取る!のです。。またこれが面白いぐらいに綺麗になるのです。ちなみにオージーなのは勝手な妄想)

その後、朝食がてらbarstowという街でハイウェイを降りてdel tacoなるチェーン店のお店で。
全く外国人慣れしてないスタッフとお客さんはローカルで混雑。
旅してる感じがします。いい感じです。

このお店、タコスもうまいが、、ブリトーが大変美味しかった。
でも大きすぎて完食できず、、、(二人で1個で充分なくらいの量なのです。)
おかげで昼食食べる気にならず、移動がはかどります。

その後一気にサンディエゴ目指しても良かったのですが、、

さすがにずっと運転は堪えるし、、
途中でTimeculaっていう街に立ち寄ろうかと計画しておりました。
このTimecula(テメクラ)はナパバレーには足元にも及ばないと思いますが、多数のワイナリーが立ち並ぶエリアで、ワイナリー見学しつつワインを購入しようかと。

意外に早く?いろいろ寄り道した割に5時間もかからずTemecula到着。
ここにはいろんなワイナリーがあるのですが、どこにいっていいかわからず、、
ワイナリーのある通りをうろうろ・・・

結局一番端(多分ですが、、、)のワイナリー(Maurice Carrie Winery)に行ってみることにしました。
15ドル支払ってワインのテイスティング(6種)させてもらいます。

対応してくれた老婦人はとても感じよく、私のブロークンイングリッシュにも丁寧に対応してくれ、ワインもあってすっかり上機嫌になってしまいました。
(ちなみにテイスティングのワインは全部飲まなくてもいいのだそうです。無知な私はぜーんぶ飲んでしまいました。)

テイスティングした中で気に入ったワイン3本(白・赤・スイートワイン)購入!
しかし?高級ワインでした。自分の舌はバカ舌ではなかった模様です。。
そしてテイスティングで使用したワイングラスはお土産にいただけました。なんでも30周年の記念グラスなんだそうです。

このワイナリー、環境や設備も素晴らしく!
行き当たりばったりで入ったけどこのワイナリーにしてよかったなぁと!

そんなこんなでいい気分になっていたらハワイ(に旅行中)からサンディエゴに来ている
すでに1Rサーフィン片付けたDr.Sekiさんからサンディエゴの波情報が届く。。。
かなり波はいいらしい!

昨年のトリップレポートでも書きましたが私がサンディエゴに興味を持ち、そして実際に足を運び、たいして回数は来てないのにまるでローカルよろしく過ごせるのはこの方のおかげ!
面と向かって、、感謝の念を伝えることはありませんが、この場を借りて感謝申し上げます!

はやる気持ちを抑え、途中の郵便局で荷物(まだ届いてないけど)と友人に手紙を出して
いよいよサンディエゴ、エンシニータスへ向かいます。

1時間弱でいよいよ懐かしい変わらぬ街並みに感傷に浸りながら

海沿いHwy101を走っているとかなりいい波がブレイクしているのが見える!
結構稀に見るいい感じの波!!!
Swami'sの駐車場〜Pipes - Cardiff Reefまで車ギッシリ駐車されています!

早く入りたい!けれどもサーフボードがない・・・
急いでサーフボード購入のためにソラナビーチのMitchs Surf Shopへ!
でもマンダラ系のオルタナボードばかりのラインナップでパフォーマンスショートボードの在庫はほとんどなく、食指動く板がない・・・
(昨年、まさにオルタナ系の代名詞?マンダラ買ったばかりだし・・・)

その後SurfRide、Hansen Surfboard行くもうーん・・・ローカルシェイパーの板はほとんど皆無で、あんまりかなぁ・・・(どうせならSDのシェイパーの板を買いたい)

少し足を伸ばしてLeucadiaのSurfySurfy行ったらお店やってない・・・(臨時休業?)
ウインドウから覗くに良さげなボードはあるっぽい。(クリステンソンのボードとか)
もうこうなったら急いで買う必要もない!今日のサーフィンは諦め・・・
明日SurfySurfyへ出直そう!と気持ちを入れ替え(苦渋の決断です!)

戻る感じで夕食の買い出しにCardiffのシーサイドマーケットへ。

道中またいい波のラインナップを眺めながら・・・いいなぁ〜〜!!
ついでにパイプス直ぐそばのパタゴニア(デボンハワードが店長です)もチェック。
パタゴニアもオルタナボードばっかり。。。
完全にサンディエゴのサーフシーンはパフォーマンスショートボードよりオルタナ系が強い感じ。
なんか不安になる。。。

シーサイドマーケットでバゲットと惣菜などいろいろ買ってホテルチェックイン

エンシニータスでは定宿にしているモーテルがあるんですが、閑散期なのか?以前から気になっていたずっとグレードの高いホテルがほとんど同額で予約出来たので、今回は少し贅沢しました。
部屋は申し分ないくらい素晴らしく!ラナイも広い!やったー!思ってた以上にリッチなホテルだー!
と、サーフボード買えないし、もちろんサーフィンできないし。。。残念な日だけど
ホテルで夕日みながらシーサイドマーケットのデリ食べてビール飲んでるとるとまぁ幸せかも。。。とじんわり幸せを噛み締めます。。

なかなか美味しいです。

でも明日のSurfy Surfyは定休日の情報を得て落ち込む。。。

まぁこうなったらSurfRideで適当な板を買ってしまおう!と決意

時刻は7:00すぎ・・・サンセットタイムです。
近くのムーンライトビーチまで散歩

今日は大移動!無事にここに戻ってこれて幸せ!ありがとうございます!

日本では考えにくい長距離の移動もアメリカでは広い道路のおかげ?(でも路面最悪だけど)
なのかただ単に旅の高揚感なのか?
全くへっちゃらです。

まだ時差ボケ?なのか真夜中起きてしまいテレビでやってた映画「what lies beneath」見てたら・・・
怖くてより眠れなくなってしまった・・・

明日はいい板に巡り合えるのか?そしてサーフィン出来るのか??

day5へ

 

2017 CALIFORNIA SURF TRIP REPORT DAY 2 -3:Arizona - Utah編

2017/05/22(Mon) jigsaw

2日目
またまたカリフォルニアと銘打ってますがスタートはネバダ、目的地はアリゾナそして「ユタ」です。
そして海岸ではなく、さらに内陸へ向かうので、、、もはやサーフィンの影すらありません・・・

今日からアメリカ大陸グランドサークル(の一部)を回ります。

2:40起床。。。深夜の起床です。ほとんど仮眠程度。
一泊分の荷物をたがえて出発です。

車もあるので各所回ってみようかと画策していましたが、
あまりにも長い距離なのでツアーで回ってもらうことにしました。

さて、ツアーと言ってもハイエースで回るもんだと勝手に思ってたら、、、
なんと結構な人数がいる。ハイエースと思っていたらバスで
結構なしっかりとしたツアーっぷりに面食らいながらも??いい意味で安心感?
いっさいの不安は消え去り安心しきって出発です。

途中のガソリンスタンドでトイレ休憩~今日宿泊するホテルの区域は宗教上酒類が販売してないよ!
ってことでビアを買っておく。

アメリカの方はこんな色のドーナツを早朝から食べるのでしょうか??って思ったそばから若い女の子が買って行きました。。

寄り道にルート66のセリグマン。
ちょうど昨日立ち寄っているところから近い(くはないけど・・・)ので、
到着するもまぁあんまりピンとくる感じではなく、ビール飲めねぇかなぁ〜って思うけどまだ朝8時過ぎ!ルート66への思いを馳せます。。。(まったく思い入れないけど)
 

ルート66に再び脚光を当てるきっかけとなった人が経営する理髪店。90過ぎてもなおお店にたまに立つそうです!

で、さらっと書いてますが、かなりの移動距離を経て
いよいよグランドキャニオン到着!(うろ覚えですがたしかMartha Pointなる場所)

グランドキャニオン、、壮観な景色に感動しつつ、他の見どころポイントへもバスで移動
そしてそこで昼食を。ビア売ってたので購入。でもビア飲んでると店内で食事できないらしく外で。
天気はすこぶるいいけど風が冷たく、ほとんど真冬の装いなんですが、凍えながら(本当に寒いのです。。。)食事。。。

おそらく標高が高く富士山の五合目程度と言っていたような・・・
世界遺産_(なのかどうかも不明ですが)を前にしてもビア飲んで酩酊するという体たらく。。。

その後またポイントを移して(ポイント名はもはや失念。多分ナバホポイント?)お土産購入
そしてバーがあったので!軽くビアを。(またか!)

そしていよいよ本日の最終目的地モニュメントバレーに到着。

ホテルの部屋からの景色

ここでホテルにチェックイン。このホテル(THE VIEW)がまぁ~素晴らしく!
こんな枯れた土地にあるとは思えないほど充実設備!コーヒーも美味しいしホテルの部屋も最高!
とは言え、、、全10泊した今回の旅行のホテルの中で一番高価なホテルですが・・・

部屋からモニュメントバレー全景が見え、朝日もここから鑑賞できるらしい。

ホテルに荷物を降ろして身軽になったらモニュメントバレーの現地ツアーに参加です。
ほんとーに!ボロいバンに乗り込み出発。
まぁ・・・大自然の中を走るわけで、鬼のように揺れます。揺れるというか跳ねます。
タイヤって意外と丈夫なんだなぁ〜と変に感心してしまいました。
各所見どころ回ってもらい観光を。しかし寒〜い!!!

世界有数の素晴らしい景観を目の前にして、寒さに負けてさっさとホテルに戻りたい気持ち。笑

夕日の瞬間を眺めホテルに戻ります。

夕食はホテルのレストランで。またまたこんな辺鄙なところにあるのに意外と豪華なメニューのラインナップ!
(くどいようですが安くないけど・・・)
しかし!このホテル(この地域)酒類の販売が禁止されているらしくビアが飲めない!!

なので早々に終了し部屋に戻って持ち込んだビアタイム・・・幸せです。

ものすごく高価なホテルに宿泊しつつ・・・
随分早い時間から眠りについてしまったようです。。 
でも今日も大移動(運転してないけど)無事にここに着けてよかった!

3日目

5:40起床!
朝日の見所の時間は5:00と聞いていたのに
ホテルの寝心地が最高で・・・すっかり寝坊。

朝日間に合わない??って思うも充分ぎりぎりセーフ(変な日本語ですいません)
部屋で朝日鑑賞しつつ部屋のコーヒーをいただく(スターバックスなのですよ。)

本日の最初の目的地はアンテロープキャニオンのロウワーズ。

まったく予備知識ないまま10人程度の編隊組んでロウワーズ専属のガイドと同行。

なかなか探検チックなムードで地下に?入っていきます。
はるか上流で降った雨の鉄砲水が削って出来た地面?壁?です。貧相な説明ですみません。

 ガイドと談笑していると、私が英語できると勘違いしたのか(私は分かる振りが得意なのです)

「お前、各所の説明をするから皆に訳して伝えるんだ」と大役を命ぜられます。

素晴らしい景色に感動しつつ、カメラの設定などアドバイスもらって進む。

まぁ素晴らしいところで写真とりまくるんですが、まぁどれも同じ写真に見えるような・・・あはは
でも各所の見所はライオンに見える場所あったり?何かに見える箇所あったりいろいろ説明してくれました。
しかもいいポイントで写真撮影してくれたりサービス満点のガイドさんでした。

今年日本の京都と東京に遊びに行くんだ!と意気揚々と話していました。新潟にも来てね!って言ったけど「ニイガタ??何処それ?」っていう感じでした・・・

ロウワーズのツアー終わって、私も通訳の一仕事を終えてホッとしていると
私の編隊の中の方が、ガイドと雑談しているよう(使える英会話?を日本人の英会話の中から学ぶ違和感!)
どーやら(間違いなく私以上に)理解できる方がいらしたようです。ぎゃふん!はずかしー!

ロウワーズ見た後はアッパーズへ。
ここは入り口までかなり遠くバギーで移動。こちらは現地ナバホ族のガイドがつきます。
アッパーズの途中で陽が入り込む瞬間があったりでいい時間帯だった模様。
なんだかすごい説明が雑になってますが、まぁ同じ景色がずっと続いて飽きるんですな。あはは

アンテロープキャニオンを後にして、ホースシューベンドへ。

多分この近辺でユタ州に入り時差が1時間発生した気がします。地上移動で時差発生です。アメリカってデカイですねー

このホーシュシューベンドは、目玉でない感じでしたが個人的にはまぁ絶景でいい感じ!

誰でも自由に見れて、断崖絶壁ですが手すりなどの柵もなし。それがまた景観を壊さず素晴らしい
いろいろ写真撮影しました。が?上手く伝わりませんねー。

高さ300M!写真では伝わりませんが、猛烈なインパクトの景観でした。

その後ビアやりながら中華の昼食をいただき(美味しかったです)
一路ラスベガスへ戻ります。またすごい距離を一気に移動します。

まぁ運転は私ではないので道中ウトウトしながら進むだけですが・・・

ツアーの全体的?なガイドをしてくれた女史(久我さんというサンディエゴの大学卒業された賢い日本人女性です)が大変博学かつ知識人で、色々とラスベガスの話を聞けました。

ツアーはラスベガスに到着とともに終了ですが、非常に仲良くしてくれた母と娘で旅している上品なお二人との別れが後ろ髪引かれる思いでした。

さて、時刻はすでに20:00ちかく(でもまだ明るい!この時期の旅行は得した感?ありますね)
今日は当初の目的の「バフェで食べる」を敢行すべくパリスホテルへ向かいます。
どーでもいいですがラスベガスのホテルはパリありニューヨークありカリフォルニアあり(今度はアジアをテーマにしたホテルもできるそうです。)節操がありません。

しかし?パリスホテルの2Fに「BEER GARDEN」なるお店発見、、、
吸い寄せられるように中へ・・・

その「BEER GARDEN」はロケーションもスタッフの感じも最高でビールも地元のクラフト系も取り揃えており、素晴らしいお店でした。たくさん飲んで料理もそこそこ美味しく、当初の目的のバフェで食事はできませんでしたが満足です。 

ラスベガスの大通りを歩いていると、あちこちでバンドが生演奏を!
その中で、、Guns N' RosesのSweet Child O' Mineを演奏しているバンドが。。。。
懐かしさと、そのバンドの卓越した演奏力に、、結局最後まで見てしまいました。。

通りがかりの瞬間でノックアウト!その後お店でしっかり聞かせていただきました。。。いやーかっこよかった!最高でした
店内に入るもなんとフリー!(1ドリンク必須)ながらも本当に卓越した演奏力。ひょっとして現地では有名な方なのかも??

その後、モーテル戻り酒屋でビア買って氷も買って
今日も洗面器でビール冷やして二次会ビアタイム。 (さっきまで大量に飲んでたのに。。。)

モーテルで、とりあえず旅の疲れをシャワーで流し、、、深夜に就寝。

ゴキブリ出たりしたけど、、もう気にはならない。。笑!
今日も無事に終われたことに感謝です!
いやーいい旅の中の旅?でした。アメリカ最高!

明日も大移動!いよいよ旅の本番??サンディエゴへ向かいます!

day4へ

 

2017 CALIFORNIA SURF TRIP REPORT DAY 1:Las Vegas編

2017/05/15(Mon) jigsaw

唐突ですが、、またまた思い出の土地サンディエゴに行ってまいりました。
今回は、少し日程をとって、サンディエゴの前にラスベガスを経由して〜グランドキャニオンなどの観光地を回るスケジュールで行ってまいりました。

本当にたまに更新して、好き勝手書いてしまう愚行をお許しください。
そしてもしお許しがいただけるようなら、また駄文におつきあいいただければと思います。

CALIFORNIA SURF TRIP REPORT DAY 1Las Vegas編

もうすでにラスベガス自体がカリフォルニアではないのですが・・・
LA到着日にラスベガスに移動するプランです。

今回もANAの高級チケットを手配
何と言っても移動と時間のストレスがなく、LAに行くにはもうこの便しか考えられない気がします。
関係ないですが新潟空港でテレビ局のインタビューを受けました。全く気の利いたこと言えなかったのですが、その日の夕方のニュースで流れたようです。

LAXへ向かう機内でいまさら「LA LA LAND」鑑賞。
この映画見たことによって後のスケジュールが変わってきました
他にも「パッセンジャー」「この世界の片隅で」を鑑賞。
映画も3本見て、うとうとしてたらあっという間でもないけど・・・LAX到着です。

LAXのイミグレーションは結構混雑していて(前回にはなかった新しい近未来的システムが入っていました)

想像以上に時間かかる・・・これは計算外。ただただ疲弊してしまいました。。。
そして荷物を受け取ると。。。。そこは懐かしい LOS ANGELES!

レンタカーは電話するとピックアップしてもらえるレンタカー屋さん(さくらレンタカー)で。
レンタカーのバス待たなくて良いし、気が楽です。しかも日系の会社なので日本語通じます。まるで日本でレンタカー借りてるようなイメージです。
今回の旅は移動距離が長いので、小型車でなく、カローラをレンタル(まぁコンパクトの部類ですが充分です)しかも100マイルも走ってない新車同様!ラッキーでした!

旅の疲れ+高揚感+大都市+左ハンドル+右側通行でいろいろ緊張するも

ラスベガスに向けて出発
渋滞だらけの街中をなんとかくぐり抜け、砂漠を走破!途中給油も兼ねて立ち寄ろうと思っていたバグダッドカフェに到着

A desert road from Vegas to nowhere♪

バグダッドカフェは映画そのままなのか??自分にもうほとんど映画の記憶がないけど、フランスのツアー客でごった返していた観光名所でした。
ちょうどルート66に位置しますし、カフェというよりは映画のロケ地だけでやってるような印象です。(悪く書きすぎかしら)
ものすごーく薄いアイスコーヒー(茶色い水)飲んで(アメリカってアイスコーヒーの文化ないみたい)退店

ちょうどルート66を走ってるバイカー集団のたむろする(怖い!)バグダッドカフェ近くのスタンドで給油。
さていよいよラスベガスへ。
ナビ通りの道を行けば時間短縮になるんだけど、なんとその道が砂で埋まってて・・・通行不可
さすが砂漠です。
なので止むなく、、、バーストーっていう町まで戻ってI-15に乗り直すことに・・・
かなりの時間のロスです。。。

どーでもいいですがRoute66そばの踏切で列車に遭遇。
すげー長い列車で、(思い立ってから)列車の数を数えましたが、86車両!
その前にも長々あって、どんだけ車両続くのか!と苛立ち数え始めてからなんです!
想定160車両以上あったのではないかと思います。

ただその後80MPHでぶっ飛ばしてて、 途中混んでる箇所もありましたがトラブルなく寄り道しても6時間程度でラスベガスに到着。(まぁ80MPHでぶっ飛ばしててもズンズン追い抜かれるんですが・・・数台は速度違反で捕まっているのを確認!)

日本からExpediaで予約したラスベガスのモーテル「America’s Best Value Inn」へ
格安どころか激安のモーテルで(2,500円くらい)すごく不安だったんだけど
チェックインも感じ良く無事出来て、部屋はまぁさすが2,000円台のモーテルなので冷蔵庫はないしバスルームはかなり設備古いし(Wi-Fiはさして問題なかったけど)旅の疲れを癒すには・・・なかなかハードル高い感じ。
最初の宿泊がこれで気が滅入るけどまぁ寝るだけだし。車も部屋の前に置けるし、なによりこの値段!
明日からまた移動だし充分です。
(ラスベガスのカジノ併設の大型ホテルは車に乗るまでがホテルも大きいしカジノ通ったり果てしなく遠いので、今回のような寄り道的な立ち寄り方には不向きなんですよね・・・って泊まったことないけど)

ラスベガスのストリップ(メイン通りをこう呼ぶみたいです)まで徒歩で行くことにします。

本当はシルクドソレイユを観に行きたかったのですが、ちょっと時間が読めなかったので諦めてました。こんなに調子良く来れたなら見るべきだったなぁ〜と後悔。
次回!「O」を観に行こうと!

しかしラスベガスの街は建物が大きすぎて、どう行けばいいのか判断できず、とりあえずお決まりのベラージオまで行って噴水ショーを見てみる。
まぁ・・・ようこんなことやってますね・・・すごいというか、、呆れます。笑!



どこかのホテルのバフェ(ラスベガスではビュッフェをバフェというらしい)で食べたかったけど・・・もうすごい人と街のパワーに圧倒されて(ちょうど金曜日の夜でなのか?毎日なのか?お祭り騒ぎでした)
私のような田舎者は散策しているだけで疲労困憊。。。
考えてみれば今日は日本を発った日と同じ日!時差で猛烈に長い一日を過ごしているわけです。
 
なのでモーテルに戻って敷地内のレストランで食事しようと。
店内に入ってみたら、あら?なんか見たことあるロゴがメニューに・・・
なんとそこはCOCO’Sでした。でもなんか日本のココス感全くなし(日本のココスにも入ったことはないんですが・・・)
とりあえずビア飲んで幸せ。食事も割と美味しくいただけた。ただポテトの量が多くてポテトだけToGo(持ち帰り)
 

モテル敷地内の酒屋でバドワイザー(これが1缶1ドルしないのですよ)買って、モテルの洗面器を氷で満たし冷やして二次会

そして明日からの準備をして就寝。



寒いけどエアコンのフィルターの埃がすごすぎてつける気にならず、疲れに身を任せて就寝。。。
とことん疲れての夜遅くなっての就寝なので、いきなり時差ぼけも解消です。
 
こうして1日目の目的地、ラスベガスに無事にたどり着けました。
明日からはツアーに参加してグランドキャニオン目指します。

 

day2-3へ